まさやん のすべての投稿

仮想通貨の価格における組織的なグループによる価格操作の可能性

組織的なグループとは「trading groups」に代表されるテレグラムなどを利用した、価格操作しているグループのこと。

これは、2018年における仮想通貨の相場が、直接は影響しない複数の仮想通貨間で、組織的に協調し価格を上下させることで、価格をコントロールすることが頻繁に行われているという。
このような投資グループは今年一年で数百万ドルの利益を上げたとのこと。
その裏には一般の個人投資家などは損失を被っていることは言うまでもない。

あるグループでは2018年前半までで、900億円の利益を出したと伝えられている。 
WSJの調べによると、121の種類の仮想通貨が対象になったという。

こうしたグループは通常、特定の人だけの構成されるチャットルームのようなサービスを使用し情報のやり取りをしているそうだ。 

実際にこのような価格操作が行われた形跡を探ると、今年7月1日にあるグループのひとつがテレグラムでフォロワーに買い推奨した直後、主要仮想取引所バイアンスで、クロークコインの価格が急伸した。こうした結果は、市場が操作されているのではないかとの疑惑に対する結果として材料視されるようになった。 

通常、証券取引委員会が厳しく監督している株式市場ではこうした価格操作は行われにくいとされる。
しかしながら、仮想通貨市場はまだ出来たばかりで完全なる無法地帯と言えよう。
今後規制が強化されるまで、このような価格操作が行われる可能性があり、この事が個人投資家に不利に働き、仮想通貨で利益を上げるのが困難な状況を生み出すとの懸念が指摘される。 

rbgRC g[hOv


株価回復の可能性は高いのか?

明日7月6日は、アメリカが中国輸入製品500億ドルのうちの340億ドルに対して、追加関税を発動する予定の日です。

もし「本気ではない」トランプと、「徹底抗戦はしない」習近平の間で、問題が解決したらどうなるのでしょうか。

この場合7月6日を境に、内外の株式市場は上昇に転じ始める可能性が高いです。
アメリカ株式市場は上昇に転じると思われます。

そして中間選挙後に「巨大なインフラ投資計画」を考えているトランプ大統領にとって今回のことは「得することはあるけれど、損することは無い」ネタです。

7月6日以降も貿易戦争が鎮静化せず、関税競争がエスカレートした場合、中国が不利です。
その理由は、そもそも関税をかけられる対象が、中国の方が少ないからです。
米国勝利となり世界経済が安定し
株価が急回復するパターンも視野に入れて投資をしましょう。

bitFlyer rbgRCn߂ȂSESȎ





ハイパーリンクを貼るだけで著作権料がかかる通称「リンク税」がEUで導入されようとしている

EUでとんでもない法案が成立されようとしている。
なにやらニュースサイト等へリンクを貼るのに著作権料が発生するとか。
詳しい内容を紹介。

EUで著作権法の改正議論が進んでおり、中でもインターネットのリンク(ハイパーテキスト)の提示行為にも著作権料の支払いを請求できるとする通称「リンク税」の是非をめぐって議論が活発に行われています。そんな中、リンク税導入を含むEU改正著作権法案がEUの著作権を審議する委員会で可決され、いよいよ欧州議会で法案について評決が行われる見込みになりました。

記事の続き
rbgRC g[hOv


バッテリーが大容量化と「発熱問題」の解決を両立する日がやってくる

スマートフォンや電気自動車、太陽光蓄電池など性能向上に欠かせないバッテリーの進化が遅いように感じるのは私だけではないでしょう。
なぜ技術の進歩が遅いのか、以下の記事を読んで納得しました。

スマートフォンから電気自動車までバッテリーを用いた機器が周囲に溢れ、その大容量化が急務になっている。こうしたなか、主力のリチウムイオン電池の懸案だった発熱問題の解決や、大容量化に向けた取り組みが加速している。シリコン素材やリチウム金属の活用、そして量産化が期待されている「全固体電池」まで、その研究開発の動きを総括した。

記事の続き

bitFlyer rbgRCn߂ȂSESȎ





bitFlyer rbgRCn߂ȂSESȎ





アメリカさん今年2回目の利上げが確定。
経済も順調なようだ。

FRBは、6月12、13日に開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)で今年2回目の利上げを決めた。さらに、年内にあと2回の利上げを実施する見通しに変更し、今年の利上げを3回から4回に増やした。

この結果、アメリカの政策金利であるFFレートは1.75~2.00%となったが、あと2回の利上げが本当に実現すれば、FFレートは、2.25~2.5%(中心値は2.4%)まで上昇することになる。

現在のアメリカのインフレ率は2%近傍なので、FFレートからインフレ率を差し引いた実質FFレートが年内についにプラスの領域に入る可能性が高まった。

注目すべきは「利上げ」だけではない

rbgRC g[hOv


人気爆発「メルカリ」に海外勢殺到

bitFlyer rbgRCn߂ȂSESȎ





フリマアプリの巨匠メルカリが本日上場
海外からも買いが殺到。
目指すは世界制覇か。

19日の東京市場では、全体市場が大幅安となるなか、新規上場(IPO)したメルカリ <4385> [東証M]に人気が集中した。東証マザーズに上場した同社株の初値は公開価格を6割上回った。売買代金もトップに立ち、「IT系の大型ベンチャー企業のIPOでは近年稀にみる人気」(市場関係者)に沸いた。

メルカリ旋風が東京市場を席捲
rbgRC g[hOv